LOGOマーク

WHAT'S NEW

業績2019.09.18

欧州心臓病学会(ESC)2019に参加しました!

以下、参加された先生からコメントをいただいております。

 

朝晩の風に少しだけ秋の薫りを感じる9月のパリは、5年ぶりに参加するESCの舞台としてこの上ないものでした。今回は、ようやく解析ができるほどのデータ量になってきたKurume University Cardio-REnal Oncology (CREO)研究に関する発表を行わせていただきました。ESCでもCardio-Oncology領域の注目度は高く、前向き研究であるCREO研究の強みを生かして、これからもユニークな情報発信ができればと思います。また、古巣の国循からのAFIREやDAPA-HF, PARAGON-HFなどの大規模臨床試験だけでなく、野原正一郎先生が素晴らしい賞を受賞されるというビッグニュースもあり、Cardio-Oncologyチームとしても大きな前進を得ることができました。留守中に病棟を守っていただいた先生方、CREO研究にご協力いただいている当科外来担当の先生方、そして血液内科、乳腺外科の先生方にこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。(柴田龍宏)

 

今回、自身にとって初の海外学会となるパリで開催されたESC congressに参加しました。これまでは自身の研究ながら実験内容に整理がついていなかった部分も多くありました。しかし今回の学会発表でもう一度研究内容を見返し、考え直すことで、今まで点と点でバラバラになっていた実験結果が線でつながることもあり、研究生活の中でも非常に重要なフィードバックの機会となりました。初の海外学会への参加で、準備段階では挫折しそうにもなりましたが非常に良い経験をすることができました。今後もこの経験を活かし実験を進めていきたいと思います。最後になりましたが安川先生を始め、今回の発表にあたり強力にサポートして頂きました皆様に感謝申し上げます。(楊井俊之)

 

私はIL-22が心筋梗塞後の心破裂を抑制するという基礎研究について、ポスター発表を行いました。発表はいつも緊張しますし、英語での発表は相手に伝わっているかどうかが不安になりますが、ポスターを見てくださったどの先生も私の発表を快く聞いてくださり、質問や意見をお聞きすることができました。発表の経験を重ねるにつれて、相手の主張も理解できるようになってきたと思います。今回の経験を踏まえて、次の機会には研究内容も発表技術も発展させたいと思います。パリの街はいろんな魅力で溢れていましたが、一緒に参加した先生方のおかげでとても充実した学会参加になりました。貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。(山本真衣)

 

AHA2018に続きESC2019に参加させていただきました。英会話自体はまだ上手く話すことはできませんが、海外発表も2回目であり国内でも数回の発表を経ていたため、今回は若干気持ちに余裕を持って学会に臨むことができました。ただ、気持ちに余裕ができるほどに学会の全体像がみえてきて、その規模の大きさと世界的な学会に参加する意味を実感しました。前回同様、何気なく参加していましたが、久留米大学心臓・血管内科に入局していなければ、こういった世界的な学会で発表することは恐らくなかったと思います。そう考えると緊張が増していきましたが、同行された諸先輩方が優秀賞に選ばれたり、多くの海外医師の注目を浴びている姿を見て、自分も負けていられないと励まされなんとか無事発表を終えることができました。もちろん今回も学会の合間をぬって、パリの美しい絵画や景色、美味しい料理も堪能することができ公私ともに充実した学会を過ごすことができました。(橋本洋平)

 

私は昨年のAmerican Heart Association Scientific Sessions (AHA) 2018に続き、今年はEuropean Society of Cardiology (ESC) 2019に参加させていただきました。ESC2019はフランスのパリで開催され、私にとっては2度目の国際学会の参加となりました。当然のことながら、様々な国の研究者が参加しており、それぞれハイレベルな研究をされていました。口頭発表のブースでいくつか発表を見学しましたが、発表者の皆さんは流暢な英語で質疑応答がなされており、英語面ではやはり一定のハードルがあることを実感しました。私はポスター発表 "Activation of focal adhesion kinase is involved in pathogenesis of aortic dissection in mice"でしたが、複数の研究者が私のポスターを閲覧してくれ、その内の一人からご意見をいただきました。今回の経験を今後に生かしつつ、研究を継続いたします。(眞島涼平)

 

 

LOGOマーク

〒830-0011 福岡県久留米市旭町67

医局 /
TEL:0942-31-7562 FAX:0942-33-6509
循環器病センター /
TEL:0942-31-7628 FAX:0942-31-7706
心臓・血管内科病棟 /
TEL:0942-31-7667 FAX:0942-34-9724
救命センターCCU /
TEL:0942-31-7643 FAX:0942-38-9636
E-mail address /
kurume_shinzou@kurume-u.ac.jp

Copyright © 2018 KURUME UNIVERSITY All RIGHTS RESERVED.