LOGOマーク

WHAT'S NEW

業績2018.07.12

田原先生の論文がEur Heart J Cardiovasc Imagingにpublishされました!

Endovascular repair for inflammatory abdominal aortic aneurysm.

当科では、当院血管外科と共同研究で炎症性大動脈瘤における活動性をFDG-PET/CTを用いて評価しています。炎症性大動脈瘤は非特異的炎症を有し、通常の大動脈瘤と比べて急速に拡大して破裂する危険性がある疾患です。ステロイド治療、人工血管置換術やステント治療などが治療法として検討されますが、確立された治療法はなく、治療方針の決定には慎重な検討が必要です。今回、外科の今井先生と当科の田原先生は炎症性大動脈瘤の活動性をFDG-PET/CTを用いて評価し、ステント治療は術後に炎症活動性を増悪させないことを確認しました。炎症性大動脈瘤における治療方針の決定や治療経過を観察するうえで、参考になる重要な報告です。

田原先生おめでとうございます!!

Imai S, Tahara N, Hiromatsu S, Fukumoto Y, Tanaka H.

Eur Heart J Cardiovasc Imaging, 2018 Jun 25. doi:10.1093/ehjci/jey084.

LOGOマーク

〒830-0011 福岡県久留米市旭町67

医局 /
TEL:0942-31-7562 FAX:0942-33-6509
循環器病センター /
TEL:0942-31-7628 FAX:0942-31-7706
心臓・血管内科病棟 /
TEL:0942-31-7667 FAX:0942-34-9724
救命センターCCU /
TEL:0942-31-7643 FAX:0942-38-9636
E-mail address /
kurume_shinzou@kurume-u.ac.jp

Copyright © 2018 KURUME UNIVERSITY All RIGHTS RESERVED.